中古マンション選び

【体験談】中古マンション購入にかかった諸費用をブログで公開!自己資金と住宅ローンの内訳

こんにちは、うさめぐです♪

築26年の中古マンションを購入しフルリノベーションしたお家に住んでいます♪

中古マンション購入にかかる諸費用っていくらなのか気になりますよね?

実は、中古マンションは新築マンションを購入する時よりも諸費用がかかります。

一般的に中古マンション購入にかかる諸費用は、物件価格の5〜8%(リノベーションもする場合は物件価格+リノベーション費用の5〜8%)

それに比べ新築マンション購入にかかる諸費用は物件価格の3〜6%です。


仮に3000万円の中古マンションを購入すると150万〜240万円諸費用がかかる事に!

さらに家電や家具、引っ越し代も別途必要になるので実際は物件価格の10%あったほうが安心。





中古マンション購入を検討中の方は資金計画がされており、住宅購入のために貯金されていると思います。貯金が山ほどあれば問題ないですが、私はどのくらい貯金が減ってしまうのか心配していました!日々の生活もあるので当然ですよね!(^^)


そこで!


実際に中古マンションを購入&リノベーションした時のお金の流れを公開!

  1. どのタイミングでいくら支払うのか
  2. 諸費用もローンに組み込めるのか
  3. 自己資金と住宅ローンの内訳

我が家の場合なので全く同じとは言えませんがサンプルとしてお役に立てたら嬉しいです♪

一番最初に支払ったのは手付金と仲介手数料


中古マンション購入を決めて、一番最初に支払ったのがマンション売買の契約時

自己資金からトータル101万円

大金を持ってドキドキしながら不動産会社へ 笑

支払いの内訳はこちら

項 目金 額内 訳
マンション購入手付金80万円
仲介手数料(一部)20万円
印紙代1万円
合計101万円自己資金

マンション購入手付金

買主から売主に対して支払うお金。手付金の受け渡しが売買契約を意味します。

手付金の一般的な相場は物件価格の5%〜10%

不動産会社などを介した売買においては宅地建物取引業法で代金の20%と上限が定められています。

また、手付金は基本現金支払いです
ローンに組み込む事ができなので事前に用意しておきましょう!

仲介手数料(一部)

中古マンション購入に一番かかる費用がこの仲介手数料

売買契約をしたタイミングでマンション購入に必要な手続きをしてくれた、不動産会社へ成功報酬として支払います


仲介手数料は顧客から貰える上限金額が法律によって決まっています

仲介手数料の計算方法

(物件価格×3%+6万)×消費税

物件価格仲介手数料(税込)
1500万円56万1千円
2000万円72万6千円
2500万円89万1千円
3000万円105万6千円
3500万円122万1千円
4000万円138万6千円
(消費税10%)



表を見ると、中古マンション購入にかかる仲介手数料が高額なのがわかりますね!

物件価格1500万円で購入した我が家の仲介手数料も上限金額MAXの55万800円でした!(当時は消費税8%)

売買契約時に仲介手数料の半額を現金で支払う事が多いです

こちらもローンに組み込むことができなので、事前に用意しておきましょう!



売買契約書の印紙代

初期費用は100万円だと思っていましたが印紙代の事を忘れていました

不動産売買契約書にかかる印紙代

1千万を超え5千万円以下の売買契約をすると印紙代1万円

こちらも事前に用意しておきましょう!

リノベーション会社との契約

リノベーションする事を前提で中古マンションを探していた我が家

マンションの売買契約をした同じ日にリノベーション会社とも契約をしました

自己資金から工事請負契約金 10万円

こちらは指定された口座に振込み!
振込手数料がもったいないけど仕方がない。。。(>△<)

リノベーションを検討されている方は、リノベーション会社との契約にかかる費用も事前に用意しておきましょう!

契約時や中間金にいくら支払うのかリノベーション会社によって違うので確認を♪

リノベーション費用の支払い時期と金額

リノベーション費用合計1087万円

い つ金 額内 訳
契約時10万円自己資金
中間金690万円ローン
工事完了387万円ローン


マンション購入とリノベ住宅ローン一本化できるワンストップリノベーションがおすすめ

【ワンストップリノベーション】を利用して中古マンション購入&リノベーションしました中古マンション購入からリノベーション、設計施工、住宅ローンまで窓口が一つになっていサービスの話!ワンストップリノベーション会社を利用して中古マンソン購入とリノベーションした我が家の体験談。...

リノベーションしてどう変わった??

【中古マンションリノベーション】3LDKの事例間取りのビフォーアフター公開中中古マンションリノベーション間取り図のビフォーアフターをブログで公開!トイレの場所以外間取りを大きく変えました!リノベーション前後の間取り図で比べてみてください(^^)水回りの位置も変えて4LDKから3LDKにしました...

住宅ローンにかかる諸費用

銀行の融資を受けるためにも諸費用がかかります

おそらく一生で一番高額な買い物
「住宅ローンを組むのは大変だな〜!」と感じました!
説明も長くなりますし、団体信用生命保険の書類など記入する作業も多いです

私もローンの話を聞きたかったので子供を連れて金融機関へ行きましたが
落ち着いて話を聞くことは困難でした 笑

契約者が金融機関からの説明をきちんと聞き、質問があれば積極的に行いましょう!

ローンを組む時の諸経費内訳はこちら

項 目金 額内 訳
保証料55万円
事務手数料5万4千
印紙代2万200円
合 計62万4200円ローン

保証料

住宅ローンは原則、保証人の必要はありませんがその代わりに保証会社による保証が求められています。もしもローンを借りている契約者がローンの返済をするのが難しくなった場合、代わりに保証会社がローン残金を融資先の銀行へ支払う事になります。

保証会社が代わりにローン返済してくれた場合でも、銀行に対しての返済はなくなりますが、保証会社へ返済しなければいけません。



最近ネット銀行でローンを組むとこの保証料が0円になる事があります

住信SBIネット銀行 などがよく知られていますね!


我が家もネット銀行と地方銀行を比較しましたが住宅ローンにかかる諸経費はそれほど変わりませんでした。

金利はもちろんネット銀行のほうが低い!ネット銀行は審査に時間がかかるのでお早めに手続きを♪

事務手数料

金融機関の事務手数料は2種類あります

定率型・・・融資金額×1% 融資金額×2%など

定額型・・・金融機関によって異なる


先ほど保証料が0円のネット銀行は、この事務手数料が「借入額×2.2%」です。

3000万円借りたら66万円かかります

ネット銀行に限らずどこの金融機関でも、メリット・デメリットがあります

住宅ローンの事、事前に検索してみるのもいいかもしれません♪

印紙代

住宅ローン契約の印紙代

1千万超え5千万円以下  印紙代2万円


印紙代は国税の「印紙税」のこと
印紙税法で定められている書類を作成した場合に必要です。

中古マンション購入にかかる諸費用

マンション引き渡しの日

中古マンション購入にかかった諸費用

項 目金 額内 訳
登記費用18万2千円
固定資産税
都市計画税負担金
7万7千円
管理費等分担金4万4千円
仲介手数料(残金)35万800円
適合証明書費用5万4千円
合 計70万7800円ローン

登記費用

登記は専門家の司法書士にお任せします。

登記とは購入した土地や建物が誰のものかはっきりさせるために行う手続きの事

登記費用の相場、仮に2000万円のマンションを購入した場合約20万円費用がかかる

固定資産税・都市計画税負担金

毎年4月から始まる1年分の固定資産税・都市計画税が日割で計算してありました!

引き渡し前の日数分は売主が支払い

引き渡し後の日数分は我々が支払いました

管理費等負担金

マンション購入後に毎月支払う管理費と修繕積立金も日割計算されていました!
次月分もまとめて支払いました!

引き渡し前の日数分は売主が支払い

引き渡し後の日数分は我々が支払いました

仲介手数料(残金)

マンション売買契約時に支払った仲介手数料を引いた額

い つ金 額内 訳
売買契約時20万円自己資金
引き渡し日35万800円ローン
合 計55万800円

適合証明書費用

築25年以上のマンションを購入したの、で住宅ローン控除を受けるために必要でした!

中古マンションは築何年が一番お買い得なの?築年数と価格の変化中古マンションと言っても築1年から数十年まで様々あります!中古マンンションの価格の変化やリフォーム、リノベーションに向いている中古マンションの築年数をまとめました。...

物件代(残金

諸費用ではないので表には入れませんでしたがこのタイミングで、マンションの売買契約時に支払った手付金を引いた額を支払います

い つ金 額内 訳
売買契約時80万円自己資金
引き渡し日1420万円ローン
合 計1500万円


まとめ

自己資金からの支払いは合計111万円
思っていたよりも支払いはしませんでしたが、この後家具・家電・引っ越し代がかさみ貯金はどんどん減りました〜笑


中古マンション購入とリノベーション費用を合わせた額で住宅ローン組みました

借入金額は2700万円

諸費用は以下の通り

項 目費 用
住宅ローン
諸費用
62万4200円
マンション購入
諸経費
70万7800円
合 計133万2000円


諸費用は物件価格+リノベーション費用に対して4.9%という結果に♪


住宅ローンを受けるための諸費用・中古マンション購入にかかる諸費用は住宅ローンに組み込む事ができました。こうした諸経費は住宅ローンに組み込むができる金融機関が多くなってきましたが、当然借入金額が多くなり金利の支払いも増えるので注意が必要です。

借入金額と返済金額のバランスが重要ですね♪

最後まで読んでくださりありがとうございました⭐︎



ポチッとクリック♪更新の励みになります!